妊娠中のめまぐるしい体調の変化

妊娠中の体調の変化には様々なものがあります。私の場合も妊娠がわかってから出産までの約8か月間、自分でも驚くほどの体調の変化がありました。まず妊娠発覚当初ですが、急に夜眠れなくなりました。

眠れなくて困るといったことなど今まで一度もなかったのでどうしたらいいかわかりませんでした。ですがこれはその後、徐々に昼も夜も眠くてしょうがないという症状へと変化していきました。

あとほとんどの妊婦さんが大なり小なり経験するであろう悪阻。これが私はかなり酷く、長い期間を悪阻で苦しみました。とにかく一日中気持ち悪かったです。何か食べてもすぐ吐いてしまい、常にトイレで座り込んでいた記憶があります。

どんなに周りの人に悪阻は時がくれば終わるものだからと言われても、もう永遠に続く悪夢のように思えて毎日毎日必死に耐えていました。ですから安定期も後半に入り本当に悪阻が終わった時には信じられない気持ちでした。

ですが悪阻の代わりのように今度は頭痛との戦いでした。朝起きたら頭痛が酷くて、少しでも動くとぐわんぐわんと頭に響いていました。産婦人科でも相談してお薬を処方していただいたと思います。最後の方は腰痛が酷くてまた眠れない日々が続きました。

臨月には夜中何度も目が覚めて、熟睡はほぼできなかったと思います。恥骨痛もあったので、歩くときなどにとても痛みが響いて辛かったです。あと後半になるにつれて便秘気味になり、吹き出物などもかなり増えました。

今思えば常に体調が良く、何も不安や痛みがなかったのは本当にわずかな時期だけだったような気がします。でも、よかったのは友達にもいわれたのですがかなりの快便だったことです。友だちは出産までずっと便秘だったということでしたからその点は幸運でした。

私には当てはまりませんでしたが、知り合いの看護師さんが妊婦さんの体調管理にまずは便秘解消からといっていたのが納得できました。妊婦 便秘

親せきに頑固な便秘なんかが解消するおかげで自然に痩せていたとかそういった話を数多く耳にしたりします。じつにお通じって体にもかなり良くないと推測できるといえますね。便秘が起こる引き金は色々あるんですけど自律神経の乱れとかも要因になってしまうのだとか。とどのつまり海藻もたくさん食べてヘルシーに食生活をおくるのも必須事項になりますね。

乱れがちなお通じにいい食材は、バナナとかが知られていますね。手軽に買えるので毎食きちんと食べられるのですが、相当多くの量だと健康にもよくないので注意してください。

2015年5月8日 妊娠中のめまぐるしい体調の変化 はコメントを受け付けていません。 未分類